ホーム > 牧場の概要


所在地

江別農場 〒069-0832
江別市西野幌668番地
TEL011-375-1115
FAX011-809-5377

構成役員

代表取締役社長小林紀彦
代表取締役専務小林智行
取締役小林惟彦
取締役小林ヨシ子

飼養頭数

現況(H22年12月)目標(H27年)
成牛(24ヶ月以上)215頭310頭
育成牛(24ヶ月未満)156頭270頭
371頭580頭

経営地

江別市西野幌45ha
北広島市39ha
長沼町51ha
135ha
牧草地100ha
飼料畑35ha
135ha

牛乳出荷量

現況(平成22年)1,831t目標(平成27年)2,650t

江別市の位置・地勢

江別市は石狩平野の中央部に位置し、総面積は18,757ha。全般的に平坦な地勢で豊かな自然環境に恵まれ、札幌市、北広島市、岩見沢市、当別町、南幌町、新篠津村と隣接しています。人口は平成13年に10万人を突破し、平成23年3月1日現在の人口は約12万2千人で道央圏では札幌市につぐ規模の街です。札幌からはJR函館本線で約22分。市の中央部を国道12号が、東西に北海道縦貫自動車道が走っており、江別東・江別西の2つのインターチェンジがあります。

気象

過去10年間の江別市の平均気温は6.8℃で、最高の極が昭和51年で34.5℃、最低の極は昭和52年でマイナス27.7℃が記録されていますが、平均気温からみると北海道でも温暖な地域に属し、冬はやや寒く、夏はやや暑い準大陸性気候です。地勢の関係から日本海から太平洋に向け、四季を通じて風が強く、特に4月~5月頃には南南東の強風が特徴的です。

農業

本市農業は、石狩平野の中央部、北海道最大の都市札幌市に隣接しており、稲作、畑作、酪農、肉用牛及び施設園芸など多彩な農業を展開しています。市内には短期大学を含め6つの大学と各種研究施設を擁しており、産学官民が一体となって、さまざまなオリジナルブランドづくりに挑んでいます。昭和40年には1,500戸あった農家も、平成17年には600戸までに減少しているものの、農村と都市との交流促進やクリーン農業など、「都市型農業」として地域の特性を発揮した魅力に満ちた農業の実現をめざしています。